FC2ブログ
2011. . 06

「あきらめないで!ピアノ・レッスン」中嶋恵美子著

おりしも、ネットでカンニング事件がニュースになっていますが、
「ネット世界」に対する理解不足からの「不安」や「偏見」を裏に感じます。

子供の頃からPCが家にある高校生にとって、ネット投稿はごく普通のツールです。
掲示板に投稿したらバレることが解りそうなものですが
そこまでの考えが及ばない子供さんがしたことでした。

あたかも学校へのサイバー攻撃みたいに報道されて・・
同じ世代のお子さんをもつ親御さんたちは
自分の息子の様に不憫に思った事と思います。

カンニングは、もちろんいけないことですが、
ネットカンニングも隣の答案覗くのと同じカンニングと思います。

前ふりが長ーーーくなりました(^^)

「ネット世界」に限らず、知らないことを「知る」ことは
「不安」や「偏見」を取り除いてくれる。

と、そのことが言いたかったのです。

この本のテーマ「発達障碍(障害)児」については、
身近に該当者がいないと解らないことだらけ、
私もその一人です。

Image751.jpg


この本の著者、中嶋恵美子さんは、
MIXI「発達障碍とピアノ」コミュ(ピアノ講師限定)を立ち上げている
お一人で、そこでいろいろお話をうかがうことで知り合いました。
そのお話の内容に、
へぇーーそうなのぉーー、ほぉーーと、目から鱗、驚くこと多々。

この本のなかでも、さらに詳しく書かれています。
健常者(定型発達)を教える上でも、共通する事項があふれています。
見逃しがちな小さなことも、障碍児と向き合うことで
見えてくるころがあるのも興味深いところです。

生徒と向き合う姿勢、観察力は、脱帽ものです。

そして、何といっても愛情に満ち溢れているまなざしを感じます。


知らないがゆえ「不安」と「偏見」の講師にならないためにも
この本は、読む価値があると思います!

  
この本を読み終えて、ひとまわり懐深い先生になった気がしてます。
気だけかもしれませんが・・(^o^)



中嶋美恵子さんの著書 「あきらめないで!ピアノ・レッスン」
(発達障碍児に学ぶ効果的レッスンアプローチ)

「知る」を体験したい方は講師でなくても、是非お読みください!

Image782_1.jpg

今日は、こちらのエレベーターを登る楽器店の楽譜売場へ

Image785.jpg

すでに増刷のようで、おめでとうございます♪
多くの方に読んでいただきたい一冊です。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
クリックしていただけると嬉しいです♪

スポンサーサイト



 HOME