2011. . 23

楽譜支援に願いをこめて

昨日、楽譜支援「希望」の荷造りのお手伝いに行ってきました。

大阪より、この支援を立ち上げた石嶺先生が、
東エリアの保管場所になっている益子先生宅にお見えになり
はじめてまして♪のご挨拶から、となりました。

依頼のあったところへ送るため、20箱、1500冊の荷造りです。

詳しくは ★楽譜支援「希望」★ 

     ★しょうこせんせいの日々★  をご覧ください。


2011523a.jpeg

実際にお会いして、お話をお聞きしてみると
少し疑問に思っていたことも、解決しました。
やはりブログやメールだけのコミュニケーションでは
誤解も生じ、円滑に事が運ばないこともあると、あらためて感じました。

3.11以来、自分に出来ることはないかと、思った方は多いですよね。
思うことは出来ても、即行動に移せる人は多くありません。
そんな中、石嶺先生はいち早く、楽譜支援を呼びかけました。
一個人で出来ることは、限られているから
ほんの一部の先生だけでも支援出来たらとの思いだったそうです。
なので、ご本人もこんなにも反響が凄いとは思わなかったそうです。

反響が大きければ、当然のように、いろんな意見が飛び交い
翻弄されることになりました。
かなりのご心労をお持ちになったことは、察するに余りあります。
益子先生が助っ人として名乗り出てくださったことが
支えになったことは、言うまでもありません。
・・・というか、
とっても大変過ぎ、、ホントご苦労さまです!


2011523.jpeg

私の思うことを書きます。

この楽譜支援については・・・
ほんの少しでもいいから
被災されたピアノを愛する先生や生徒さん達の心の支えになれたなら、と思います。
楽譜が数冊届けられたところで、物質面が即解決する訳じゃない・・
モノの支援ではあるけれど、心のエールの支援と思っています。


一冊の楽譜が、
復活の勇気を沸き立たせてくれる力になる。
そんなドラマもあったらいいな~と願いを込めて
梱包させていただきました。


2011523b.jpeg

石嶺先生 熊谷先生 益子先生 ☆

美しすぎて、ボケちゃったよ~ ゴメーン(^m^)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ






スポンサーサイト
 HOME