2011. . 12

ロシア民謡を知らない世代

コード進行や伴奏法をレッスンするとき、
メロディーが頭の中で自然に浮かぶ
生徒さんが知っている曲を使いたいと思ってるのですが
世代によって、この「知ってる曲」が違うのは当然思うものの、
このところ、とみに世代ギャップを感じます。

このブログを見ている世代はきっとご存知(?笑)だと思うのですが、、
下記のロシア民謡2曲

「一週間」
月曜日に市場へ出かけ、いととーあさをーかあってきた・・~♪

「トロイカ」
ふゆーの白樺なーみき 夕日が映える はしーれトロイカ ほがらかに 鈴の音高く♪

どちらも知らない子が多いです。
えっ、知らないの~?ってご父兄の方と顔を見合わせることもしばしば。
でもね、結構はまるんですよ~(^^)
シンプルな曲想ですが、心に入りやすいですよね。
「一週間」は歌詞が面白いって歌いたがるし、
「トロイカ」って何?から始まって、サンタクロースの話になったり。
これはゲーム音楽に使われているので、知ってる子もたまに。

独自の色を持つロシア民謡のメロディー♪
すたれては、ほしくないです~

ロシア民謡ではないけれど、「きよし、この夜」も知らないのよね。
そうそう「月の沙漠」も・・・
どれも、暗いだけではないと思うのですが・・
どれも、伝承していってほしい曲と思います♪


押していただけると、励みになります(^^)
 ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

comment

さくらら
はじめまして♪
今日はロシア民謡にぴったりな天気。(-_-;)吹雪いてます。

ピティナのステップ曲集にも「カチューシャ」など載ってますね。もちろん今の子供たちは知りません。
民謡の音階は覚えやすいし、ロシアものは何故か日本人の心に染みる。
私が知ってるのは父が「カリンカ」「ボルガの舟歌」「泉のほとり」なんかよく歌ってたから。
父は「歌声喫茶世代」。
恩師も同世代でロシア民謡から合唱にはまり、ロシア音楽の専門家(チャイコフスキーの研究では世界レベル…)になっちゃいました。

チャイコやラフマニノフのせつないメロディー、日本人の心にグッとくる気がします。
この時期に「トロイカ」に1回乗りましたが、とにかく寒かったです。

世代を超えて残ったいい音楽は伝えていきたいですね。

2011.02.12 14:10
tomomi
さくららさま

コメントありがとうございます。
東北、岩手は吹雪いてますか・・白銀の世界。
おなじ北国、ロシアに通じるものがありますね。
寒そうですけど(^^;

恩師、チャイコの世界的専門家なんですね。
素晴らしいです!
歌声喫茶は、都内にはまだあるそうですよ。

チャイコやラフも、ロシア民謡も心にしみるのは、
四季のある国の人間共通の情緒を持ち合わせているからではないかと
勝手に思ったりしてます。
「トロイカ」乗られたのですね、いいですね。
はたしてトナカイはかわいいのでしょうか・・?
2011.02.12 18:46
さくらら
ロシアに行ったの、15年も前。
写真引っ張り出してみたら、観光用トロイカを牽いてたのは「馬」でした。^^;
モスクワとペテルブルでバレエやオペラを見る格安ツァー。コンサートシーズンとはいえ、気温マイナス20度じゃ安いはず。
ボリショイ、エルミタージュ、チャイコの家、どこへ行ってもただただ寒かった印象しかありません。(-_-)

濃厚な料理、ウォッカが必要なわけです。
北上に「トロイカ」というロシア料理の店があります。
チーズケーキは三越デパートにも出してるらしい。

恩師のことはいつか書くつもりですが、酒豪・豪傑。グルジアに居たときはミサイルが飛んできたとか。(*_*)

余談ですが、越谷に知人がいます。暖かい都会。いいですね~♪。
2011.02.12 22:47
tomomi
マイナス20度は、ウォッカがぶ飲みしないと生きていけなさそうです(**)
ロシアは、暖かい季節に行きたいな。
「トロイカ」のチーズケーキこちらで発見!
http://www.iwate-ginpla.net/tokusan/ranking.html
近くに行った際、探してみますね。
恩師のお話、楽しみに待ってます♪
こちら、埼玉南部なのに、今年は寒いです。ぶるっ。
2011.02.13 11:05

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://canadel.blog6.fc2.com/tb.php/110-2db359f1