2011. . 06

「あきらめないで!ピアノ・レッスン」中嶋恵美子著

おりしも、ネットでカンニング事件がニュースになっていますが、
「ネット世界」に対する理解不足からの「不安」や「偏見」を裏に感じます。

子供の頃からPCが家にある高校生にとって、ネット投稿はごく普通のツールです。
掲示板に投稿したらバレることが解りそうなものですが
そこまでの考えが及ばない子供さんがしたことでした。

あたかも学校へのサイバー攻撃みたいに報道されて・・
同じ世代のお子さんをもつ親御さんたちは
自分の息子の様に不憫に思った事と思います。

カンニングは、もちろんいけないことですが、
ネットカンニングも隣の答案覗くのと同じカンニングと思います。

前ふりが長ーーーくなりました(^^)

「ネット世界」に限らず、知らないことを「知る」ことは
「不安」や「偏見」を取り除いてくれる。

と、そのことが言いたかったのです。

この本のテーマ「発達障碍(障害)児」については、
身近に該当者がいないと解らないことだらけ、
私もその一人です。

Image751.jpg


この本の著者、中嶋恵美子さんは、
MIXI「発達障碍とピアノ」コミュ(ピアノ講師限定)を立ち上げている
お一人で、そこでいろいろお話をうかがうことで知り合いました。
そのお話の内容に、
へぇーーそうなのぉーー、ほぉーーと、目から鱗、驚くこと多々。

この本のなかでも、さらに詳しく書かれています。
健常者(定型発達)を教える上でも、共通する事項があふれています。
見逃しがちな小さなことも、障碍児と向き合うことで
見えてくるころがあるのも興味深いところです。

生徒と向き合う姿勢、観察力は、脱帽ものです。

そして、何といっても愛情に満ち溢れているまなざしを感じます。


知らないがゆえ「不安」と「偏見」の講師にならないためにも
この本は、読む価値があると思います!

  
この本を読み終えて、ひとまわり懐深い先生になった気がしてます。
気だけかもしれませんが・・(^o^)



中嶋美恵子さんの著書 「あきらめないで!ピアノ・レッスン」
(発達障碍児に学ぶ効果的レッスンアプローチ)

「知る」を体験したい方は講師でなくても、是非お読みください!

Image782_1.jpg

今日は、こちらのエレベーターを登る楽器店の楽譜売場へ

Image785.jpg

すでに増刷のようで、おめでとうございます♪
多くの方に読んでいただきたい一冊です。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
クリックしていただけると嬉しいです♪

スポンサーサイト

comment

さくらら
私も先週買いました。(^o^)
普通の生徒さんにも応用できることがいっぱい書いてあって、ご自分の体験を惜しみなく教えて下さってありがたいです。
うちにも、学校で支援員がついている生徒さんが来てます。コミュニケーションは問題ないのですが、集中力の持続・好き嫌い、こちらが勉強不足だと伸ばしてあげられないなーと思っていたので大助かり!
発表会終わったら暗記するくらいじっくり読みたいです。(^_^;)

それにしても「携帯ネットカンニング」の予備校生、センター試験失敗の不安を素直に打ち明けられる相手がいたらよかったのに。残念ですね~!
2011.03.05 09:51
中嶋
うわぁ!写真付きでありがとうございます~!こんな風に本屋さんで飾っていただけているだなんて、想像していませんでした!びっくり♪嬉しいです~。

絶対いつかお会いしましょうね!きっと平均律の講座にそのうち私も伺うことになるハズなので、お会いできると思います♪そのときが来るのを、心待ちにしています♪♪♪

>さくららさんへ

読んでいただきありがとうございます!とても嬉しいです。(*^_^*)
2011.03.05 14:38
tomomi
さくららさま

ほんとに!この本は、充実の一冊です♪
集中力の持続・好き嫌いは、一般の生徒にもあることなので、どんな生徒を教えるにも心構えは一緒ですね。
暗記されるんですね!(爆)私は無理ですが(笑)

中嶋さま

感動しました!!!
繰り返して読みたいと思います。
21日にお会いできないのは残念ですが、その時が来ることを楽しみにしています!
サインいただかなくては(^^)

前ふりの部分(カンニング)、くどいので
後で、文章入れ替えます。勢いで、思わずかいてしまったんです。(^^;
2011.03.05 21:58

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://canadel.blog6.fc2.com/tb.php/120-04a11f20