2011. . 01

第3回リーラムジカ・スペシャルセミナー出席

ゲスト講師に、音楽・ノンフィクションライター、
ピアノ教本研究家の山本美芽先生。

山本先生、越谷(大袋)の中学で教えていたことあるそうで、
吹奏楽の指導もされていたそうです。
もしや、うちの生徒も指導されてたかも?(笑)

21世紀ヘのチェルニー 訓練と楽しさと 山本美芽/著21世紀ヘのチェルニー 訓練と楽しさと 山本美芽/著
(2000/01/01)
山本 美芽

商品詳細を見る


第一部は、こちらの本の内容を中心に、お話が進みました。
名立たるピアニストの方々のチェルニーの練習曲に対する思いがリサーチされており、
興味深いものでした。

第2部は、リーラムジカの十八番(?)名刺交換会&サンドイッチついばむ会
いろんな情報をいただきました。
このブログをみてくださってる方もいらして、とっても嬉しかったです。
一度にたくさん交換させていただくと、物覚えの悪い私などは混乱するのですが、
名刺の裏に写真を添付されてる方がいらして
ナイスアイディアと思いました♪

第3部は、プロの音楽ライター裏話もまじえた、山本先生&藤先生とのトークセッション
伝わる、読ませる文章を書くコツなどなどのセッション聞いておきながら、
このブログ書くのは、正直つらいデス。。
そんな文章を書こうなんて思うと、固まって書けませんもの(爆)


山本先生の〆のお言葉は、「視野を広げる」


いろんな世界を見て、感動し、思考することで音楽の表現にも反映する。
人としての幅を広げることが、音楽の幅をも広げる。
体の横幅では、ないですよ(^^)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ













スポンサーサイト

comment

Mime Yamamoto
天明先生、きのうはセミナーにお越しいただき、レポートまで、ありがとうございました。ライティングについてはもう少しお話できたらよかったですね。あれこれ「やっちゃいけない」ことが頭に入ると、かけなくなってしまいますものね。私のおすすめは、友達にメールを書くようなつもりで、誰かにしゃべっているようなつもりで書くことです。まとまらないときはひとりでブツブツと友達に電話したつもりで「きのうね、セミナーに行ってきたのよ。場所が六本木ヒルズでね」といった調子で、語尾とか帰ればブログの文章になります。

北越谷、大袋のあたり、懐かしいです。元荒川も。1994年ぐらいだったかな? あの頃は私も若かった! 当時の大中の教え子たちはみんなもう20代後半ですね。

2011.07.02 01:41
ひろまま
第1回も参加されていましたよね?ひろままです。
皆さんの熱心さにいつも刺激を受けて帰ります。
これからもよろしく。
2011.07.02 23:39
o-
裏に写真を貼りましたOです。
木曜日はありがとうございました。
mixiの方にも入れて頂いて嬉しいです。
これからブログ、読まさせて頂きます。
またお目にかかれましたらよろしくお願いします♪
2011.07.03 06:16
tomomi
Mime Yamamoto先生!!!

お忙しい中、山本先生自らの、コメント誠にありがとうございます!
一年ほど前、自分のメモ代わりにはじめたブログですので、
最初は身内くらいに見てもらえればよいかな~と思ってはじめたんですが、
ネットのつながりはスゴイもので、こうやって沢山の方と知りあえる事となりました。
訪問して見てくださる方にも、もっと読みやすいように、
フレンドリーに書くことを心がけてみたいと思います。
個人的なアドバイスまで、ありがとうございます!
今後とも宜しくお願い致します♪



ひろままさま

一回目にいただいた名刺の中に、それらしき方が・・(^^)♪
今回は、お話てきなくて残念でした。
次回、お会いした時は、是非お声おかけくださいね。
こちらこそ、宜しくお願いします♪



O-さま

一度にたくさんの名刺をいただいても、すべての方の顔を覚え切れる方が、
うらやましいです・・(苦笑)
私は、昔から顔認証が苦手てで、グループレッスンでの名前を覚えることにも、苦労してました。
なので、このような会のときは、顔写真付きの名刺も用意したほうがよいなと思いました。
こちらこそ、宜しくお願いします♪


2011.07.03 13:01

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://canadel.blog6.fc2.com/tb.php/159-18b4356c