2011. . 08

自らテーピングを考案されて

50歳の手習いではじめた生徒さん、
3年ほど通った後、ご家族の介護などがあり
しばらくおやすみしてたのですが、還暦を過ぎてレッスンを再開しました。

勘を取り戻すのに時間はかかったけれど、以前のような調子が戻ってきて
「好きこそものの上手なれ」をまさに時で行くようなお方です。

目下の目標は、「先生とおなじ音色で、おなじように弾くこと」
「同じ楽譜を弾いているのに、どうしてこんなに違う音楽になるの?」
と、自らがおっしゃいます。
レガート奏や左右の音量バランスなどを、とても気にかけます。

先日、ふと左手小指を見ると、何やらテープが巻かれています。
「どうされたのですか?」とお聴きしましたら
第一関節に力が無くて思い通りに動かなく、
右手のように弾けないからテープで補強してみました!との事。

おお!なんという探究心!
テーピングを指導する先生もいらっしゃるけれど
自ら考案されるなんて、すばらしい!

ちなみに、ゴムサックや伸縮するタイプも試したそうですが
医療用の紙テープが程良くサポートしてくれて、良いのだそうです。

2011707.jpeg

これは、私が再現したイメージ図

音色を気にされる方のレッスンは、教える側もとても楽しいです~♪


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

スポンサーサイト

comment

さくらら
こんばんは♪

1 大人に生徒さんは忙しいのにみなさん研究熱心で感服します。
うちの教室は今のところみなさん私より歳下(あ、一人同級生も^^;)ですが、ゆくゆくは先輩の指導にあたれるようになりたいと思っています。

音色の違い、聴き分けらるだけでもすごい。皆さん、弾くだけでいっぱいになりがちですね。

2 勝手ながら先生のブログリンクさせていただきました。お許しいただければ幸いです。<(_ _)>

2011.07.08 23:44
tomomi
さくららさん

子供の頃、習いたかったけど習えなかったという方が
多い世代なので、そんな方々はもう夢中で
楽しんでおられます。
探究心のある生徒は年齢問わず、教えることが
楽しいものですね。

ブログリンク、ありがとうございます。
貼っていただけるなんて、嬉しいです♪
このブログは、今のところリンク貼り付けなしの
方針で開いているので、相互にはならいことを、ご了承くださいね。
2011.07.09 01:42

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://canadel.blog6.fc2.com/tb.php/160-0bb7fad4