2011. . 19

ビバ!お菓子の世界(ピアノ曲集)

「お菓子の世界」といっても、、

2011928c.jpeg

この甘~~いスイーツのことではなく、

2011928.jpeg

このピアノ曲集:湯山昭作曲「お菓子の世界」

1974年に初版されたこの曲集は、日本人が刊行したピアノ曲集の中でもベストセラーの一冊。
まずは、この題名が魅力的!そして、おさめられてる曲のタイトルがお菓子の名前。
シュー・クリーム、バウムクーヘン、柿の種、マロン・グラッセ、etc
それを見ただけでも、ウキウキしてきます。

弾いてみてなおよろし。
ジャズっぽいものから、フランス印象派の手法まで
和音の響きもへんてこだったり、複合リズムが多用されてたり、
ガーシュインが見え隠れしてたり・・

私が中学生の頃、当時習っていたお教室の生徒で全曲弾く発表会がありました。
思えば、楽譜出版されたばかりの頃です。
私の先生、田舎にいながらも頑張ってリサーチされていたのだと、今さらながら気づきます。
それまで現代曲を弾いたことがなかったので、とっても新鮮、
思い出深い発表会の一つになりました。

そして、その新鮮さは30年以上たった今も失うことなく、弾き継がれています。

今年の発表会は、5名の生徒にこの楽譜を渡しました。
表紙の絵もかわいいですし、大好きなお菓子のタイトルなので、
皆、目が輝きました(笑
練習しはじめると、不思議な和音感リズム感に夢中になる子から
戸惑う生徒まで、反応は様々ですが、
なんといっても、教える私が楽しいの~!

そこは、もっとあま~~く弾いて、そこはピリッと辛口で
激辛スパイスきかせて・・・
このわっかりやすい比喩レッスンが出来て私は幸せ感じます(*^^*)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://canadel.blog6.fc2.com/tb.php/176-f3ab30aa