2011. . 25

佐渡裕&エフゲニ・ボジャノフ公演

久しぶりのオーケストラ鑑賞♪

佐渡裕氏指揮 ベルリン・ドイツ交響楽団

ピアノ:エフゲニ・ボジャノフ

20111024.jpeg

inNHKホール

20111024a.jpeg

今や国民的指揮者となった佐渡裕氏のエネルギッシュな指揮のもと
ベルリン・ドイツ交響楽団(あのベルリンフィルとは別ですよ)の
一糸乱れぬストリングス(バイオリン等の弦楽器)の重厚さが
心に残る、すばらしい演奏でした。

特にベートーヴェンは、ほっとする優しさと安定感を感じつつも
情熱がほとばしる素晴らしい演奏でした。
しかしながら、この曲のテーマを聞くと「のだめ」を思い出してしまう自分に笑ってしまいます。
あの漫画、ドラマ、映画のすりこみは、尋常じゃないです(汗

20111024b.jpeg

そして、大注目のエフゲニ・ボジャノフ君のピアノ☆
オーバーアクション気味の派手なピアノながら繊細。
若さあふれるエキサイティングな演奏。
2階席から足ペダルが見えましたが、踏み方多彩です。
このラフマニノフ、オケと息を合わせるのは、難しい曲と思いました。

アンコールは、ショパンのグランドワルツ
最後まで、飽きさせない演奏で魅了されました。
天才肌、21世紀のホロビッツかも・・?


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://canadel.blog6.fc2.com/tb.php/177-be831d62