2012. . 24

ルイ・レーリンク先生講座

《 易しい曲を 美しく弾く 》をテーマにした講座

ルイ・レーリンク先生は、とっても大きい方でピアノが小さく見えます。
日本語ペラペラのとっても優しい先生!
温厚なお人柄を感じます。

「美しい人は美しい音が出る」
この言葉にはじまり、この言葉で終わった講座でした!(*^0^)

コンクール審査員のときは、コンクール向きの演奏よりも
心の中から湧き出る演奏をする子に点を入れてしまう先生。
そんなタイプの子は、落ちてしまうけど、「気にしないでね」を連呼。
「そういう子は、一生ピアノを楽しんで弾いていく子ですから」・・と。

昨今、子供のコンクール流行りの日本
個々の音楽性よりテクニック重視になりがちな審査に一石を投じる
そんな先生が審査員にいてくださって、ホッする気持ちになりました。

ルイ先生が子供の頃、ピアノが好きになった曲を紹介してくださいました。

R.Ch.MARTIN の連弾、コード進行がフランスのエスプリを感じます。

201202024.jpg

あとは、
WALTER CARROLL の不思議な雰囲気をかもしだすイギリスの曲など
日本ではあまり知られていないけれど、素敵な曲。
楽譜探してみようと思います。

とにかく、歌わせて、語って(ベートーヴェンは語るのだと)
弾くのが大好きのご様子で
バッハのインベンションも、セブンスの音に反応して
ロマン派みたいに演奏される先生でした。

そうそう、「笑いながら弾きましょう」とも(^O^)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

comment

otsuki
こんにちは!ルイ先生の講座、tomomi先生のこのブロブを読んで、やはり行けばよかったと後悔しています ^^;。
写真は上2段は両方ともト音記号...でしょうか?
2012.02.27 09:18
tomomi
otsukiさん、こんにちは! 
とっても素敵な先生でしたよ。次回は是非。 
そうです両方ともト音記号です。セコンドの楽譜がないので残念ですが、
題名等をお知らせするための資料と思います。
範奏されたのですが、初級者用のシンプルなメロディが乗ってます。
子供の頃、なんてきれいなハーモニーと思って弾いていたそうです。
2012.02.27 19:09

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://canadel.blog6.fc2.com/tb.php/199-d93b4ce9