2012. . 05

偶然の産物

疲れているのに目が冴えて眠れないので、ブログ書いています。

昨日は、絶妙なスタッカートで弾いてきた生徒がいて
私を喜ばせてくれました。
ピアノのタッチについて深く言及するタイプの生徒ではなく、、
「軽やかに芯のあるスタッカートで」という言葉掛けだけの宿題でしたので、
いわゆる『偶然の産物』です。

これをどう定着させる?
指導の王道ではないけれど、この曲に出てくるスタッカート
全部そのスカッタートにしてきてね!
ちょっと無謀、曲想無視なのですが、、
この絶妙スタッカートをいつでも引き出せるようになって
お得意の技になってほしい! を優先してみました。

ちなみに曲は、ブルグミュラーの「せきれい」


Evernote 20120530 142304

扇状になればよいかなとだけ考え、コップに投げ入れたスイートピー
運よくきれいな色の配置になりました。
これも、『偶然の産物』

偶然は必然? ですね。


***

スイートピーは、お隣さんが毎年育てている素敵なお花。
いつも、ありがとうございます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

茂木
展開が展開をうぬので、そうなるんでしょうか?
2012.06.05 06:15
tomomi
本人のやる気が最近ONになったばかりの生徒なので、
意識的にコントロールはできないと思うのですが、
テクニックの神が天から降臨してきたのかも(^m^)
2012.06.05 18:49

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://canadel.blog6.fc2.com/tb.php/218-338efc21