2014. . 29

 目と耳の保養


年初め、クリスタライズ展で、どこまでも透明で美しい光学ガラスのアートに目を潤し



若林顕氏の奏でる、繊細で緻密ながら自然の流れを大切にした高度な演奏に耳を潤し






新歌舞伎座に初めて行き、日本の伝統芸能の素晴らしさにも触れ




感性を充電して、新年度のレッスンはじまりました。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する