2010. . 20

小さなピアノ教室での、お父さん達の子育て参加率

今日は父の日。
以前、実家に帰ると、「ベストほしいんだけど近くで気に入ったの売ってないんだよ」と
なにげなーく、のたまっていたので、迷わずそちらをチョイス。
午前中には、宅急便で到着しているはず、気に入ってもらえるかな・・。

ここ10年、ピアノ教室に付き添いや送り迎えでやってくるお父さんたち
増えたように思います。いや、確実に増えました。
あらためて、名簿を見てみると、7割かたのお父さんを存じています。
常時送り迎えが父の仕事の方は1割、母親と交代では2割くらい
たまの休みに顔を出す方も、ちらほら。
中には、一緒に習われている方もいらっしゃるし、
発表会の時に、連弾や他の楽器で参加してくださる方も多数。
教室がラフな感じなことや、地域性もあるとは思うけれど
一昔前では、考えられなかったことと思います。

バブルはじけた時代以後、
日本男性の価値観が少しずつ変わって、家庭を大事にする方向に
向かっているのかなと思います。
子供にとっても良いことですね。
おかあさんとは、違った接し方をしてる子もいて、見ていて面白いです。

共稼ぎが増えて、そうせざるを得ない事情もあるのでしょうが
家族一団となって、子育てをしているのを見るのは気持ちがよいものです。
家族でピアノや音楽の話をする、コンサートに出かける、
もうそれだけで、音楽が一生友達であること、間違いないでしょう。

おとうさん達がんばれ、そして、いつもありがとう♪






スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://canadel.blog6.fc2.com/tb.php/47-201e66f3