2010. . 12

青山円形劇場ではじめて演劇を見る

青山の「こどもの城」の中にある円形劇場。
真ん中に舞台があって、すり鉢状に客席があり
それほど大きくないので、役者さんのつばが飛ぶのが見えるほどの
まじかで鑑賞できるスペースにまずは、感嘆~♪

鑑賞したのは、グレアム・グリーン原作 「叔母との旅」

段田安則 浅野和之 高橋克実 鈴木浩介 の4人芝居

Image325.jpg

学生時代に劇団四季とかはみたことあるけど
こういう芝居をみるのは初めて。
簡素な舞台装置に、4人だけで20人役。
どんな演出、アイディアで見せてくれるのかワクワクで観ました。

さすが、一流の役者さんたち!すばらしい~ブラボー♪
テンポよし!間合よし!
細かい動作まで、入念に仕込まれていて
楽しく最後まで、鑑賞させていただきました。

特におもしろかったのは、段田さんがセリフをいいまつがった時。
だぶん、台本にはないハプニング。
それに気がついた高橋さんが、さもセリフにあったかのように突っ込んだ時、
どっど笑いが起きました。
そのあとの立て直しに高橋さん奮闘、そのアドリブはたいしたものです。

その高橋克実さん、ワーズワースという黒人役のときのセリフのなまりが
龍馬伝の西郷さんとかぶって聞こえたのは私だけではないにちがいなく・・(笑
すてきな役者さんです(^^)

おまけ

帰り道、ドラマの撮影隊の横を通ったら
レフ板の前に、お人形さんみたいなかわいい子が!
綾瀬はるか さんでした。

芸能人堪能の日でした。

おわり。

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://canadel.blog6.fc2.com/tb.php/61-9f76b8e1