2010. . 13

2010ショパンコンクール鑑賞中

5年に一度開かれる世界規模のコンクール

今年から、リアルタイムでブロードキャスティング
でお茶の間で観ることができるようになりました。
これは、スゴイこと。

まずは、予備予選でしぼられて、80名ほどの挑戦者がエントリー
第1予選が五日間にわたり、40名に

今日は第2次予選の最終日
そのあと、第3次予選があって、そしてファイナル!

ずっとショパンを弾き続けるショパン漬け。
1次予選は一人30分程弾き
2次予選も課題曲、自由曲合わせて1時間ちかく弾いています。

体力も気力も才能もそして運も、持ちえる人の頭上に栄冠が・・
アスリートそのものです。。

ピアノも4社から演奏者が選定出来るので、音色の違いがわかって
興味深いです。
これからのスター出現の可能性もありかな?

こちらから入れます→2010ショパンコンクール

Image378.jpg

こんなにショパンを聴きこむのは、学生の時以来。
思い入れは強くないのですが、されど ショパン。

それに加え、私があまり好きではない競い合うコンクールの世界。
勝ち負けよりも、そこでどんな演奏(ハプニング)を聴かせてくれるかに
興味を思って、観ています。






スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://canadel.blog6.fc2.com/tb.php/68-a95b4af4