2010. . 15

ベートーヴェンソナタ楽譜はどの出版社がよいですか?

同じ楽譜が、いろんな出版社から出ているとき
どれがよいのか、迷います。

ベートーヴェンソナタについての、講師向けセミナーに行った時のこと
席に座っていらっしゃるほとんどの先生方は、
ダークグレー表紙のヘンレ版(ドイツ)をお持ちでした。
実は私が使っているのは全音(国産)。
その集団の中にいると、肩身が狭い感じといいましょうか、
いけてない先生みたいで、思わず影うすい存在オーラを出しました。(笑

私が高校時代まで教えていただいた先生は、ご自分の楽譜は外国版でしたが、
ベートーヴェンソナタに関しては、国内版で良いといわれ全音を購入。
後で、他の版も見比べてみたけれど、慣れてるせいもあって
譜読みしやすいので、変えることはありませんでした。

ただ、やはり楽譜は奥深く、熟知するのであれば
何冊か持って比較、参考にするにこしたことはありませんね。

ピアノソナタ Op.13 パルティータの一部分(4小節目)の比較です

Image516.jpg

私愛用の全音 下記のヘンレ版より、手が小さい人には和音が弾き易いですね。

Image511.jpg

ピアノの先生、御用達のヘンレ版
校訂情報なしで、いつの間にか、
運指(指使い)が書き換えられていたり、するそうですよ。

Image513.jpg

シュナベール版 テヌートが書き加えられてます。


Image514.jpg

トービィ版 やや、こちらはスタッカーティシモ!

Image515.jpg

春秋社版 私の指使いは自然と、こちらで弾いています。


え? 5冊もお持ちですか?ってきかないでね。 
下の4冊は、一ページ目だけ、コピーで持っているのです。(ひそひそ)
ベートーヴェンソナタに関して詳しい方いらしゃいましたら、
お奨めの版、教えてくださいませ。


 ☆☆☆

さっそく、楽譜コレクターかおる先生♪から、
リコルディの楽譜を送っていただきました! 

CIMG4492.jpg

リコルディ版  運指(指使い)が凝ってます。
ソドミの125から124は、斬新。
次のテヌートスタッカートに命預けます感。
どう弾きたいかが、わかりやすいですね!

☆☆☆



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://canadel.blog6.fc2.com/tb.php/83-663b57ef