2017. . 28

ホームページ

自分で作っているホームページですが
慣れない作業のため更新ですらサクッといがず・・
何度業者に任せようかと思ったことか(笑)

今のHPは2代目で、初代は、生徒のお父さんが
ほぼ作ってくださいました。
もう20年前のことでしょうか?
とてもフレンドリーなサイトで、
フレンドリーな生徒さんが集まりました。
S谷パパ、どうしてるかしら?
その節はお世話になりました。



ちょっとくらい見にくくても、
SEO対策が万全じゃなくても
お教室の今が、伝えられて、
ここで習ってみたいと思ってくださる方が集まってくだされば
お互いハッピーかと
ピアノの練習もせずにパソコンに向かってます。

いろんなアクシデントを抱えながら
めげずに頑張ってます~( ノД`)




2017. . 07

一周年

昨年、函館にお教室を移転し
あっという間に、一年が過ぎました。
可愛い生徒さん達にも恵まれ
感謝の日々を
送らせていただいています。
引き続き、充実した
二年目にしていきます!😙
それにしても冬が長いです。
春が待ち通しい~~

早咲き、東海桜🌸
2017. . 14

優しい暖かさ

寒い日が続きますね。
慣れない私は予想気温の数字を見ただけで肩が凝ります。😁
それでも、このお陰で、お教室の中は暑いくらいです~。🔥

レッスン時間帯は消えてる時もありますが、こう寒いと流石につけっ放しです。
優しい暖かさは最強!!!
灯油や電気の暖かさとは違うんです。
体験して、感じて、イメージして、
ピアノの音色も
優しい暖かい音で奏でましょう!
今年もレッスン始まりました❤️
2016. . 23

ピアノの中の羊

図書館で予約した本が
忘れた頃に回って来ました。笑

ピアノ調律師を題材とした小説本。
「羊と鋼の森」はピアノのことらしく、
ピアノ線や木で作られてるので、鋼と森はイメージできるけれど、
「羊」ってなぁに?と思いながら
読み進めると、ハンマーの事でした。

そうでした!弦を叩くハンマーは、
羊毛で作られたフェルトです。
「羊」は古代中国で物事の基準だったそうで「善い」という文字や「美しい」の文字の中にも羊さんがいらっしゃいます。
ピアノの中には、88匹(鍵盤の数)もの羊毛フェルトハンマー達が、美しくて善い音を出そうとスタンバっているのね、と
つくづく思うのでした。
2016. . 21

サンタ来訪

玄関に、いつの間にか、かわいいカードやプレゼントがおかれていました!

レッスン中だったから、玄関からコッソリ来てくれたのですね(^_−)−☆
ありがとう、サンタさん💓
 HOME