FC2ブログ
2015. . 11

レッスン初め

2015年のレッスン始まりました。
今年も宜しくお願い致します。

大人の生徒さんから読んでいて
胸が熱くなる嬉しい年賀状を頂き、
新年から身が引き締まる思いです。
もっともっと期待に沿えるよう精進して参ります!


小さな生徒さんからも可愛い絵を頂き、
幸せなレッスン初めとなりました。

2014. . 25

シニア世代のピアノレッスンセミナー


 
今回受けたセミナーは、
シニア(高齢者)の方向けのグループレッスン指導について。
ピアノの個人レッスンに行くのはちょっとハードルが高いと思われるタイプの方に
グループレッスンで、ピアノを楽しんでいただくという指導をされている
梶原香織先生のお話でした。

なにより先生の言葉使いが大変美しく、それに関西人のぼけつっこみのある楽しい会話が
加わって、先生のお人柄で生徒さんが沢山集まっていることは
想像にかたくないところでした。
言葉は大切ですね、見習いたいです。

当教室は、今のところ個人レッスンだけですが
これからの高齢化社会に向けて、
グループレッスンも
ありかな、と頭をよぎりました。

ところで、ふと疑問が・・
「シニア世代」とは、何歳から言うのでしょう?
私などは、ざっくり「大人」をシニアを考えておりました。
発表会のプログラムも、社会人は皆シニアとカテゴリーして載せているし、
調べてみたところ、シニアを「高齢者」ととらえるのであれば、65歳からだそうです。(WHO規定)
それでは、それ以前の64歳以下はなんとお呼びしたら良いのでしょうね?
ジュニアとシニアの間は・・・シニア予備軍?(笑)

70代生徒、週一回60分レッスンを受ける方もいらっしゃるうちの生徒さんは、
やる気満々の方が多いほうなのかも!?
「心の潤い」と「脳のアンチエイジング」にピアノレッスン!
合言葉です!
2014. . 23

ニコ動でコンクールライブ鑑賞

今どきは、生中継でコンクールの演奏が聴ける時代
ピティナのグランドファイナルを動画配信で。
白熱のコンチェルト。
どの方も、素晴らしい。

録画でも聴くことができます。

2014. . 06

 八雲琴

出雲大社にて

境内の隅っこのほうに彰古館という古い建物がひっそり建っています。
中をのぞいてみると大黒様の置物が沢山飾ってあって、不思議な空間。
中に入る人はまばら・・・

2階に八雲琴、篳篥、竜笛 などの古い時代の和楽器が展示してありました。



これは楽譜。





この2弦琴を考案した中山琴主氏は、武術と医術を志していたけれど
音楽の大切さに気付いたらしい云々が書かれています。

ほう。(^^)

2013. . 17

コンタクトレンズ練習中

日常は、裸眼で過ごし、
楽譜読みと、車の運転はメガネで生活してるのですが、
最近、メガネで楽譜が読みにくく、
初見時に、鍵盤から楽譜へ目線を移動すると、ぼやけて見えないので、
思い切って、コンタクトに挑戦。

乱視のコンタクトは、上下があって、そのマークを探すのに苦慮したり、
そのうち慣れるのでしょうけど、装着するのに、一仕事(;^_^A

でもでも、こんなに世界が明るく見えるとは!*\(^o^)/*
もっと早くに知るべきでしたわー*\(^o^)/*

楽譜も読みやすーい!よくみえる!
わーい、スマホで皆に知らせなきゃ!
………あれ、手元が見えない…………
遠くが見える代わりに、近くが見えませーん(>_<)
というわけで、コンタクトして、
さらにその上に100均のシニアグラスかけながら、これを書いてます。(;^_^A



 HOME